デルスラーラ福岡 ステンレスマフラー磨き。

今回は、Mさんによるマフラー磨きです。

よく見ると分かるのですが、エキパイがサビサビです。
あと、ノーマルのエキパイにサイレンサーを付けると、細い穴から急に大きな穴に入ることとなり、サイレンサーが壊れやすくなりますね。
グラスウールの消耗が激しくなり、音が大きくなったり割れた感じの音になります。
ひどいときは、インナーサイレンサーが取れたりもします。
それわともかく、スチールエキパイだと錆びてしまったら取れないので今回は、交換です。

しかし、エキパイだけ綺麗になるのももったいないので、ご本人の希望によりサイレンサーの焼きを取ることになりました。


このくらい焼けてると、やりがいが出ますね。笑


深い傷は、手でやってもなかなか取れないのでグラインダーで傷を消しておきます。
このくらいだと、ほとんど目立たなくなります。

今回は、焼けがひどいので320番からスタートです。

これで大体の焼けは、取れました。
ここからさらにペーパーの番手を上げて目を小さく揃えていきます。

後は、ひたすら磨きます。最終的に1500番くらいまでやると最後の仕上げが楽です。


最後の艶出しは、専用のグラインダーで青棒付けて磨いていきます。


ピカピカになりましたね!下地が良いと綺麗になるのが早いです。心が折れるくらいペーパーをかけると見事な出来になるので、
折れた心が報われますよ。笑


取り付け後は、パーツクリーナーで拭きます。ここで手を抜くと指紋の形が焼き付いたりしますので、念入りに!
新品のマフラーを付ける時も一緒です!!

完成!!
新品みたいでしょ?

一気に走って焼くと黒くなりがちなのでアイドリング付近の回転数で、少し焼きを入れてみました。
まあ、また全体に焼けるんですけどね。笑
だけど、綺麗にするのって楽しいしすっきりしますね。
皆さんもいかがですか?
何かの時に預かりついでに磨きましょうか?
もちろん有料ですが!笑
車検のついでとかにでも、ご相談ください。ピカピカにしますよ。
値段は、マフラーにもよりますのでその都度で。
ご依頼お待ちしてます。

関連記事

NEW ENTRY

ARCHIVE

ACCESS ANALYSIS

  • 343▶︎現在のページの閲覧数:
  • 0▶︎現在オンライン中の人数:
PAGE TOP